稼げる日本語教師になろう!

日本語教師では食べていけない?そんなことありません。 アルバイトをしなくても自分を養える、そんな日本語教師を目指します。

タグ:確定申告

みなさん、今年も確定申告の時期が近づいてまいりました。
確定申告は前年の収入を確定するためのものですが、
今年1月からの経理仕事はきちんと行っていますか。

実は、白色申告の人にも記帳義務があります。
これはつまり、ためたレシートを足していって申告することができないということ。
エクセルでもなんでもいいので、データを残さなければならないということ。

それならいっそ、青色申告はいかがですか。
最初の設定が大変に感じるかもしれませんが、
あとは使った金額と内容を入力するだけです。

おすすめはこちら。
【2015-2016年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows用) 
 


私が個人的に使ってみて、とても楽だったので、お薦めします。
目指せ、65万円控除!
源泉徴収された税金はほとんど戻ってきますよ。 

授業と授業の間が中途半端に空いているとき、私はよくカフェで過ごします。
ゆっくり次の授業のプランを考えたり、ドリルの見直しをしたり。
そんなときのお茶代、実は経費にできます。

「福利厚生費」という項目があるのです。
通常の企業でしたら、社員のために支払っているものに対して使われるこの勘定項目。
実はフリーランスですと、自分のために使えるのです。
仕事の合間の、気分転換のお茶代はこれです。

実はお茶代は計上が難しいのです。
誰かと仕事の打ち合わせのためにカフェに行ったのでしたら「会議費」、
一人でお茶をして、仕事のための勉強や作業をしたのでしたら「研修費」や「研究費」、
家で作業しているときのお茶は「福利厚生費」です。

どこまでが経費として認められるかの明確な基準はありません。
仕事をするために必要だったときちんと説明できるのでしたら、入れてもかまわないと思います。  

 

給与所得者、つまりサラリーマンのように月給で働いていたり、1コマいくらの非常勤講師でも「給与」と記載された源泉徴収票をおもちの方で、確定申告でよく聞くのが「医療費控除」です。
昨年1年間に払った医療費が10万円を、総所得が200万円未満の場合は5%を 超えていれば対象になります。

おおよそですが、源泉徴収票の給与の額が
200万円台なら、62,000円位
150万円台なら、45,000円位
を超えていれば、控除になるはずです。

病院に払ったお金だけではなく、通院のための交通費、入院時の食事代、ドラッグストアで購入した医薬品(目薬とかマスクとか)も対象です。
虫歯の治療を行うなら、1年の間にまとめてできるとお得なんです。

さあ、申告書を作成しましょう。
もし、配偶者がいる場合は、収入の低い方で医療費控除を家族分まとめて行うのが、一番還付金が高いと思います。(どちらが扶養者かというのは関係ありません。)
夫婦両方ともに医療費が高かった場合は、それぞれで申告するといいでしょう。
どちらが安いかはシュミレーションしてみましょう。
国税庁 確定申告書作成コーナー

日本語教師は体が資本。
年に一度の健康診断もお忘れなく。





↑このページのトップヘ