稼げる日本語教師になろう!

日本語教師では食べていけない?そんなことありません。 アルバイトをしなくても自分を養える、そんな日本語教師を目指します。

カテゴリ: 日本語教師のスキルアップ

今、日本語教師をなさっている皆さん、
最近勉強会やイベントに参加なさいましたか。

a0002_001423_m


勉強会やイベントは他の学校での取り組みを知る、いい機会です。
もしかしたら、自分の知らなかったやり方や、思いもよらなかった視点が得られるかもしれません。
それは新しい「出会い」です。
新しい世界との出会いは日本語教師としての技術とキャリアを広げてくれます。 出会いを増やすには、出会いのあるであろう場に行くしかないのです。

日本語教師はサービス業&技術職です。
学習者の気持ちを捉え、モチベーションを維持し、より短期間に上達させるのが、日本語教師の役割です。
3年前と同じ授業をしていたり、大学進学希望者と専門学校進学希望者を同じように進路指導していたり、新しいテキストの効果的な使い方を知らなかったり、そんなことで多様な学習者に対応できるのでしょうか。

どのような学習者も受け持てる、知的好奇心を満足させる、そんな日本語教師になるために、今年は出会いを増やしましょう。

凡人社のイベント
日本語教育研究所の講座
日本語教育学会のテーマ研究会:学会員にならなくても参加は可能です。
日本語教育学会の研究会情報

いろいろ大変な日本語学校。
留学生のモチベーションが保てるのは最初の1か月くらいですので、それから先は惰性との戦いです。

眠る
こんなふうに寝ている学生、たまにいます…

実は私の知人には、日本語学校で働いたことがない日本語教師がいます。
彼女は養成講座で学んだあと、企業研修の世界に入っていきました。
社会人経験があり、営業力もあることが彼女の強みです。
最初は企業に雇われて、その企業内の非日本語話者に日本語を教えていましたが、やがて 独立して、企業から仕事を請け負って現在に至ります。

日本語学校には日本語学校の楽しさがあります。
入学・卒業という季節の変わり目ごとにある出会いと別れは、学校教師の醍醐味です。
でも、日本語を教えるのはそこだけではないということも、覚えておいてください。
そう考えると、自分の強みを生かせる場を探せる気がしませんか。
世の中には「営業ができる人」「金融関係の言葉がわかる先生」「オタクな話題が強い教師」を求める学習者がたくさんいますよ。

仕事の可能性を広げよう(2)です。


昨年私のところに来た仕事が三つありました。
いずれも何年か前に一緒に仕事をしたことがある方からの仕事。
勉強会や学会で再会し、その後何ヶ月かしてから仕事の話をもらいました。
ひとつは全く経験のない内容でした。 

名刺交換

通常、全く知らない人には仕事の依頼はしません。
その人がどんなことができるのか、どんなことならできそうなのか。
仕事を依頼するからには失敗は許さないでしょうから、人選はシビアです。

ではなぜ、仕事の依頼が来たのでしょうか。
1.以前の私の仕事ぶりを知っていた。
2.勉強会で再会し、今取り組んでいることなどを話した。

ここで注目したいのは2です。
勉強会に参加した時は、積極的にその時の講師の方や周りの方々と話してみましょう。
人脈を作ること、発言することを自分に課してみるのをおすすめします。
大体、勉強会に出て静かに聞くだけで帰るなんて、せっかくのチャンスがもったいないと思いませんか。
勉強会は自分の技術を上げるためのものですが、
自分を売る場にもなるのです。

研究会、勉強会、講習会、学会。
もし都心にお住まいでしたら、容易に参加できると思います。
私は勉強会で知り合った方からオファーを受けた仕事をいくつか、時間の都合がつかずお断りしています。
そんな、仕事の方から寄ってくる講師になる可能性があるのですから、
ぜひ、積極的に外に出ていきましょう。


成長する教師のための日本語教育ガイドブック〈上〉


↑このページのトップヘ