日本語教師のみなさん、こんにちは。
2013年のこの夏、ここ数年の日本語教師の減少とベトナムからの留学生の激増で、関東地区の日本語学校はどこも教師が足りない状態です。
養成講座の状況はわかりかねるのですが、修了者がいないというわけではないでしょう。
それにもかかわらず、どこの学校も10月からの更なる学生増加に対応できる人材確保に躍起になっているようです。

time

欲しいのは、即戦力になる人材です。
「即戦力になる」というのは、授業が一人でできるということではありません。
どのような教師が求められているか、まとめてみましょう。

1.どのレベルでもできる
初級しかしたことがないとか、『みんなの日本語』と『中級から学ぶ』しか使ったことがないとかだと、働ける範囲が少なくなります。
新しい教科書、問題集はたくさん出ていますが、チェックしていますか。
上級の読解の進め方は身に付いていますか。

2.クラス担任ができる
実はクラス担任をしたことがない日本語教師は思っているより多いです。
学校によってすることは違いますが、カリキュラムを作ることができるといいですね。
学生の様子を同じチームの先生方と共有し、適切な指導をしていくことが求められると思います。

3.進学指導ができる
たとえば大学院に行きたいと言っている学生に、指導ができますか。
いつ、どうやって大学院にコンタクトをとればいいのか。
専門学校でも「オープンキャンパスに来た学生のみ出願可」というところもあります。
気付いた時には遅いということにならないよう、教師の側も情報収集が必要です。

学校が必要だと思える人材には、民間日本語学校といえどある程度の時給を出します。
今が、転職が給料アップに繋がる、いい機会かもしれません。