仕事の可能性を広げよう(2)です。


昨年私のところに来た仕事が三つありました。
いずれも何年か前に一緒に仕事をしたことがある方からの仕事。
勉強会や学会で再会し、その後何ヶ月かしてから仕事の話をもらいました。
ひとつは全く経験のない内容でした。 

名刺交換

通常、全く知らない人には仕事の依頼はしません。
その人がどんなことができるのか、どんなことならできそうなのか。
仕事を依頼するからには失敗は許さないでしょうから、人選はシビアです。

ではなぜ、仕事の依頼が来たのでしょうか。
1.以前の私の仕事ぶりを知っていた。
2.勉強会で再会し、今取り組んでいることなどを話した。

ここで注目したいのは2です。
勉強会に参加した時は、積極的にその時の講師の方や周りの方々と話してみましょう。
人脈を作ること、発言することを自分に課してみるのをおすすめします。
大体、勉強会に出て静かに聞くだけで帰るなんて、せっかくのチャンスがもったいないと思いませんか。
勉強会は自分の技術を上げるためのものですが、
自分を売る場にもなるのです。

研究会、勉強会、講習会、学会。
もし都心にお住まいでしたら、容易に参加できると思います。
私は勉強会で知り合った方からオファーを受けた仕事をいくつか、時間の都合がつかずお断りしています。
そんな、仕事の方から寄ってくる講師になる可能性があるのですから、
ぜひ、積極的に外に出ていきましょう。


成長する教師のための日本語教育ガイドブック〈上〉