稼げる日本語教師になろう!

日本語教師では食べていけない?そんなことありません。 アルバイトをしなくても自分を養える、そんな日本語教師を目指します。

日本語教師の求人サイトって、思っているより多いです。
もしかして、「日本語オンライン」だけで済ませていませんか。
1カ所だけでは、おもしろい求人を見逃しているかもしれませんよ。
com_IMG_6037
日本語オンラインは、おそらく現状では掲載求人数が一番多いでしょう。
採用する側から見ても、入力→送信→すぐにサイトに反映 と、スピードでは断トツです。
トップページからも最新求人情報を確認できるようになり、便利になりました。

日本語教師の集い
も見逃せません。
迅速さでは劣りますが、求人量も多いです。
ビジネス系の求人がよくあります。

そうがく社
の求人はおもしろいです。
量は多くありませんが、ほかでは見ない求人がときどきあります。

ほかでは見ない求人と言えばJEGS Internationalもです。
日本語学校の方々はあまりご存じないのかもしれません。

アカデミックなほうへ進みたいのでしたら、日本語教育学会の求人サイトです。
大学の求人が多いので、修士以上の方は興味があるのではないでしょうか。
週に1度程度の更新です。
日本語学校の専任や、インターナショナルスクールの日本語教師などの求人もあります。

養成講座を運営しているアークアカデミーの求人情報もあります。
海外の学校の求人で、ほかでは見ないものが出ます。

NIHONMURAは台湾のサイトですが、日本語教師の求人が内外問わず出ています。
ここには日本語オンラインと同時に出稿する機関が多いようです。

国際日本語研修協会(IJEC)にも求人があります。
ここは迅速さではかなり劣るようです。
求人掲載依頼を出してから1週間くらいかかることもあると聞きました。
しかし、ほかにはない求人が出ていることがあるので、ときどきチェックしましょう。
日本国内と国外でページが分かれています。

自分でプライベートレッスンの生徒さんを探すなら、らぼっちへ登録しましょう。
ここは学習したい人へこちらからアピールするタイプのマッチングサイトです。

最後に
求人サイトではないのですが、理事にこの業界で大先生と呼ばれているような方々の名前が並んでいるNPO日本語教育研究所というところがあります。
ここは会員になると、いろいろなレッスンのオファーがあります。
上記の求人サイトには決して出ない求人です。
仕事を受けなくても、毎月のようにある研修に会員価格で参加でき、お得です。人脈も広がります。

日本語教師は技術職。
今の職場でしか通用しない教師ですと、学校がなくなったときに行くところがなくなりますよ。

※2013年2月に公開した記事を再構成しました。

最近タスク管理についての記事を読んでいますので(こういうのです→一からGTPのシステムを作る手順)、日本語学校時代のタスク管理について私も書き記したいと思います。デジタルツールが苦手な人にもできるものです。

日本語学校に常勤で勤めていた頃は、とても忙しかったです。
自分の授業の準備に加えて、学校で共有の教材作成、テスト作成、 学校行事の準備、来客対応、非常勤講師との打ち合わせ…。
とにかく「しなければならないこと」に追われがちでしたが、土日にきちんと休めるのが救いでした。
企業でいう「上司」に当たる人がおらず、自分の裁量で仕事を調整していく仕事でしたので、やり忘れを防ぐのは絶対でした。

そのころに使っていたツールは二つ。
  • ほぼ日手帳 →時間管理
  • 紙のメモ →To do管理
ほぼ日手帳は1日1ページ24時間管理という手帳ですので、時間管理をするのに適しています。
仕事もプライベートも全てそこに入れていました。
今でも続けているプライベートレッスンのスケジューリングは、この手帳がなかったらうまくいかなかったと思います。空いている時間が一目でわかるように、動かせない時間をどんどんそこに書き入れていくのです。
日本語学校に関して言えば、4月には翌年3月までの時間が埋まっているので、とりあえずその時間帯を確保します。
それから毎日することのリストを、私は毎朝作っていました。朝の数分はこのための時間に充てていました。
学校にはコピーした余りの紙が大量にありますので、それをA6サイズに切り、クリップで留めます。
そしてそこに「今日すること」を書いていくのです。そしてそこには「今日じゃなくてもいいけれど、すること」も書きます。
2014-05-28-13-50-11

時間が決まっている来客は時間も記入します。時間がかかりそうなテスト作成はおおよその時間も書き入れておきます。
動かしようのない授業については記入しません。わかっていますから。
さあ、1日が始まったら、その日のリストを見ながら行動すればいいだけです。「重要なこと」「すぐできること」と優先順位を付けることも大切です。
動きながら新しいタスクも出てきますから、それも書き足していきます。今していることがあるなら、それはすぐにはせず、まずリストに書くのです。緊急のことでしたら中断せざるを得ませんが、そういう場合は終わり次第やりかけの仕事に戻れるようにするか、その日はそれで終わりにし、翌日持ち越しにするか判断します。
そして、タスクは終わったら線を引いて消していきます。
これは結構大切なことです。やったという充実感に繋がりますから。
その日にできなかったものは、翌日分として次の紙に記入します。明日の自分に託すのです。
1日を終えるときに「これができなかった」と思いながら帰るのではなく、「今日の分は終わった」と感じることが大切なのだと思います。

現在私はこれらの過程を全てiPhoneで行っていますが、手で書くことはとても有効だと感じています。デスクの片隅に置いておくことで 嫌でも目に入ります。そしてそれを“攻略”していくのはゲームのようで少し快感だったりします。

いろいろと細かな支出があって、ひとつひとつ管理しなければならないのはフリーランスの仕事の一つですね。
レシートを取っておけばとりあえずはいいのです(わざわざ手書き領収書をもらう必要はありません)が、「領収書の出ない経費をどうするか」という問いに対しての答えは二つあります。
  1. 出金伝票を書く
  2. 銀行の通帳やクレジットカードの支払明細書を代わりにする
私の経費管理で一番大変なのは交通費です。
毎日違う場所に移動していることが多いので、忘れたら大変。
今年から『フリーランスのための超簡単!青色申告』を参考に、交通費精算書を作成しています。

  
電車やバス代は、いちいち領収書をもらうことはできません。Suica(スイカ)やカードで支払ったとしても、仕事で使った経費として認められてもらうには、日付、訪問先、乗車区間、金額を書いておく必要があります。~『フリーランスのための超簡単!青色申告』塚田祐子

作成には グーグルドキュメントを利用しています。これはPCからもiPhone からも入力ができるからです。 
電車に乗るときにはiPhone でルートと金額、時間を調べます。私はYahoo!乗換案内を利用しています。これはこのままグーグルカレンダーに登録します。時間管理のためです。
月1日からYahoo!乗換案内では支払いを切符でするかICカードでするかを選択できるようになりました。ICカードを選択すると金額が1円単位で現れます。
photo1
これを電車に乗っている間にiPhone からグーグルドライブを開き、入力しておきます。1分もかかりません。
Excel と同じように利用できますので、合計も自動的に出るようにしておきます。
あとは、月末もしくは月初に経費に入れればいいだけです。
photo1 (1)
消費税率が変わって金額が細かくなりましたね。
漏れのないようにこまめに記入し、経費としてしっかり計上しましょう。

↑このページのトップヘ